安城市、西尾市、西三河でテクノストラクチャーの注文住宅を建てるなら吉良建設株式会社

愛知県注文住宅耐震住宅なら吉良建設株式会社トップページ  >  スタッフブログ  >  注文住宅の坪単価とは何か

スタッフブログ

注文住宅の坪単価とは何か

2014年1月19日

こんにちは。営業アシスタントの星野です。

ご見学に来られたお客様に、よく『吉良建設の坪単価っていくらくらいですか?』と聞かれることがあります。

もちろん、ある程度の指標として吉良建設も標準の坪単価がございます。

(是非その”標準”を知って頂きたいので、こちらではお知らせを控えますが…)

でもこの”坪単価”って案外落とし穴があるんです。

 

坪単価とはそもそも、家を建てるときの1坪当たりの建築費のことを言います。

例えば40坪の家が2400万円だとしたら坪単価は60万円ということになり、確かに会社別・商品別のグレードを大まかに

知ることができます。

しかしながら、この割る面積は一般的に「延べ床面積」である会社が多い中、一部メーカーでは「施工床面積」で

計算しているところもあるんです。

ここで注意なのが 「延べ床面積」には、例えばベランダ・小屋裏収納・地下室・玄関ポーチなどは含まれないんです。

しかし、「施工床面積」はそれらを含む面積です。ですから、必ず「延べ床面積」よりも「施工床面積」の方が広く

なってしまいます。

その結果、坪単価は「施工床面積」で算出した方が安く見えてしまうのです。

この様に、算出方法が違うと公平に比較は極めて難しく、これを使って坪単価を安く表示しているメーカーさんなんかも

実際にあるのです。

 

また、基本的に注文住宅はそのお施主様のオンリーワンの住宅です。

他のお宅とは違う仕様・設備、変わった間取りや変わった外観にしたい。。。

そんなご希望を叶え、一生に一度のマイホームを夢から形にするのが注文住宅。

誰もが同じ坪単価で建てていれば、同じようなお家ばかりになってしまうのです。

 

ですから注文住宅をご検討になっていらして価格について比較をなさっている場合は、是非”坪単価”ではなく、

”総資金計画”でご比較下さい。

また、プランなどの次の一歩へ進む指標として坪単価で比較されている場合は、この様な内容を踏まえたうえで

”どんな” 仕様が ”どれくらい” の坪単価で、30万円台なのか40万円台なのか、はたまた60万円台・70万円台

なのかといった大体の価格帯のみを仕様を見ながら指標とされることをお勧めします。

そして現場見学なんかに多く足を運び、『この家のこの仕様ではどれくらいの金額か』とお尋ねになるのも良い指標となります。

 

つまり、坪単価の表示や金額のみで安易に高い・安いと思ってしまうことは大変危険で、坪単価60万円の住宅でもご自身の

希望の仕様に近くて延床面積での計算であれば、施工床面積での計算の坪単価が40万円で仕様のグレードが低いためオプション

で追加していった場合より最終的には安く済む可能性も多いにあります。

 

住宅作りに大切な資金計画。

もちろん価格での比較は必須になってくるところです。

だからこそ安易に”坪単価”での比較をするのではなく、もう一歩踏み込んだご質問をされることを是非お勧めしたい星野でした♪

 

【過去の記事】
2018年1月16日   お引渡し完了しました!
2018年1月3日   あけましておめでとうございます
2017年12月28日   住宅情報誌に掲載しました!
2017年12月24日   西尾市宮町にて、建築中です!
2017年12月14日   完成間近です!!
2017年11月25日   子供と遊ぶコーディネート !
2017年11月12日   生活情報誌掲載中です!
2017年11月4日   店舗上棟しました!!
2017年10月27日   ゼロエネルギーハウス (ZEH) 建築中!
2017年8月3日   モデルハウス販売開始!!!

カレンダー

2018年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
left_zeroene

このサイトのトップへ

© 2018 安城市、西尾市、西三河の注文住宅、テクノストラクチャーの注文住宅を建てるなら吉良建設株式会社. All rights reserved.